日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > ディジュリドゥ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音による治療の歴史   2013.05.23


音は古来より、世界中で薬として使用されてきました。

旧約聖書のサムエル記には、ダビデが初代イスラエル王サウルの鬱病を、竪琴で治したと書かれています。
音楽による癒しの、最初の記述ではないでしょうか。
紀元前1000年頃の話です。

20110405093352.jpg

中国でも、音は医療として使われてきました。
薬という漢字は、草冠が薬草を表し、楽が音楽を表しています。
これは音楽で治療を行っていたことを意味するものです。
中医学の古典「黃帝内経」は、音楽療法について詳しく記述しており、音は健康に重要な位置を占めていました。

中国の音楽療法として知られているのが五音療法です。
これは五 臓(肝・心・脾・肺・腎)と六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)に対応する五つの音を使い、その音を共振させて臓器の働きを正常化するものです。
この療法を習得し施術するには、長年の経験が必要であったようです。

五音療法の基本は、サイマティクス・セラピーの考え方とよく似ています。


800px-Australiandidgeridoos.jpg
 「ディジュリドゥ

オーストラリアのアボリジニは、シロアリによって中が空洞になった木で作った楽器、「ディジュリドゥ」を鳴らして病気治療を行っています。この治療法は、数千年前、あるいは数万年前から行われており、骨折の治療まで可能だと言われます。


古代ギリシャの数学者・哲学者であるピタゴラスは音を研究し、ピタゴラス音階を発見しました。
彼は、「昔は音楽を薬として使用していた」と述べています。この昔がいつ頃を意味するのかわかりませんが、ピタゴラスが活躍したのが紀元前5世紀のことですから、音の治療効果はかなり昔から知られていたことになります。

ピタゴラスはまた、次のような言葉を残しています。
“病気の原因は魂の不調和である”
“音楽は魂を調律し、覚醒させる”


ijin5a.jpg

  
キリスト教会での聖歌や仏教のマントラ、チベット仏教のベルなども癒しの効果が高く、生命力を賦活させる効果があるようです。
最近では1/f のゆらぎが心を落ち着かせる作用があることがわかり、ヒーリングミュージックとして用いられています。

Cayce_1910.jpg

眠れる予言者として知られ、多くの人たちの病を治したエドガー・ケイシーは、「未来に音は薬になる」と予言しています。
サイマティクスがケイシーの予言した音であるかどうかはわかりませんが、音が健康の鍵であることは間違いないようです。


参考:ピタゴラス音律   
   エドガー・ケイシー




スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。