日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > ミステリーサークル

サイマティクス・ミステリー   2011.06.25

Dolphin_UltrasoundBeam_HRbig.jpg
  イルカのビーム音とサイマティクスパターン

従来の科学ではアプローチできなかった分野を、サイマティクスで解き明かそうという研究が行われています。
今回はサイマティクス・セラピーを離れて、そんな研究をご紹介します。

最初にご紹介するのは、イルカの言葉をサイマティクスで解明しようとする研究です。
イルカは1~200キロヘルツの鳴き声をビームとして発信し、仲間と交信しています。イルカが発する1000種類以上の音は、言葉のように意味を持っていると考えられてきました。しかし従来の周波数や振幅分析から、その意味を解明することは困難でした。

CymaScopeSE.jpgCymascope-dolphin-translator-by-John-Reid-thumb-550xauto-16262.jpg
      CymaScope           CymaScopeとジョン・スチュアート・リード


現在、アメリカとイギリスの研究者たちは、サイマスコープ(CymaScope)を使って、イルカが海中で発する音の振動を可視化して、イルカの言語辞書を作成しています。この研究は、「Speak Dolphin project」と呼ばれています。

SongWaves.jpg
  左 大人のイルカの声              右 子供のイルカが母イルカを呼ぶ声

Female_Human_Vowel_U.jpgFemale_Human_Vowel_O.jpg
  左 人間の女性の母音 “U”              右 人間の女性の母音 “O”

サイマスコープは音の立体構造を視覚化することができます。イルカの発する様々な音のパターンは、視覚化すると規則制のある同心円状をしています。イルカの脳は、人間の脳と同じ位の大きさがあり、聴覚データを視覚データに変換処理しているのではないかと考えられています。

サイマティクスで視覚化されたパターンを、「サイマグリフ」と呼びます。これは古代エジプトの象形文字「ヒエログリフ」から名付けられたものです。
ヒエログリフは、フランスの天才的言語学者、シャンポリオンがロゼッタストーンをもとに解読しましたが、イルカの言語研究では、サイマスコープがロゼッタストーンの代わりをしています。

イギリスの音響エンジニア、ジョン・スチュアート・リード、およびフロリダ州のイルカ研究者、ジャック・カセウィッツは、もうすぐイルカと交信することが可能であると考えています。

cymatics_KChamber.jpg
ピラミッド内での実験(光の影響を遮断)

古代エジプトでは、音は特別の力を持っていると考えられていました。ジョン・スチュアート・リードは、エジプトのピラミッド内部でサイマスコープを使用し、音と象形文字、神聖幾何学図形との関連を研究しています。。
これまでの実験で、象形文字(ヒエログリフ)に似たパターンが出現しており、今後の研究によって、古代エジプトの秘密の一端が解き明かされるかも知れません。


cosmossaturn01_01_small.jpg
土星の六角形

上記の写真は、土星探査衛星「カッシーニ」が撮影した土星の北極にある巨大な六角形です。
右上の黒い四角が地球の直径の大きさです。
この巨大な六角形がどうして出来たのか謎でしたが、それを解明したのがサイマティクスでした。
土星の北極部に存在する周波数が、この巨大な六角形を形作っています。
周波数が形を持っているというサイマティクスの概念が無ければ、理解できないことでした。

下記の写真は、それぞれ左側がミステリーサークル、右側がサイマティクスパターンです。
これ以外にも、ミステリーサークルにはサイマティクスパターンがよく現れます。

CropCymatics07.jpg  CropCymatics04.jpg
CropCymatics02.jpg
1.jpg
CropCymatics03.jpg
左 ミステリーサークル            右 サイマティクス・パターン


なぜミステリーサークルにサイマティクスパターンが現れるのかはわかりませんが、一つ思い当たることがあります。
映画監督のスティーブン・スピルバーグは、サイマティクス・セラピーを開発したマナー博士を度々訪ねて、サイマティクスや先端科学についてレクチャーを受けていました。

CIMG4915.jpgCIMG4916.jpg


映画「未知との遭遇」で、地球に着陸したUFOから5つの音が発信されていましたが、この音はサイマティクスの音です。
(普通サイマティクスは、5つの音を調和音として同時に発信します)
マナー博士は、UFOの発する音として、水の惑星である地球を象徴する、水の周波数を提示したと言います。
もしかしたらミステリーサークルは、そのことと関連する何らかのメッセージかも知れません。

サイマティクスは様々な可能性を秘めた科学ですが、残念ながら日本ではほとんど知られていません。
しかし、医学分野では世界のトップを走っていると自負しています。

当ブログのリンクは承認制です。ご一報ください。

≪お問い合わせ≫
日本サイマティクス・セラピー研究会事務局
mail:horiuchi@cyma.co.jp

TEL052-618-8255
FAX052-618-8251

20110322092851fc9.jpg




«  | HOME |  »