日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 2006年02月

サイマティクス・セラピー 症例集   2006.02.01

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体 Tag [代替療法]
 

                                p066.jpg
             サイマティクス・セラピーの症例

                    日本サイマティクス・セラピー研究会 

    ここに記載した症例は数人の医師がサイマティクス治療を施術された結果です。 治療前の症状、施術内容、施術後の状態を可能な範囲でお聞きしました。 他にも多数の症例があり、ご紹介できるのはごく一部です。

 【症例1】 71歳 女性

主訴:糖尿病・急性出血性関節炎にて緊急入院。膝関節発赤・腰脹・疼痛顕著

治療経過:

    抗生剤の点滴及びサイマティクスを施術、最初は患部に触れても痛いため、患部から少し離した状態で腰脹防止、関節炎などの音を入れる。その後は痛みが少しづつ減ってきた為、直接音を入れている内に、30分位で腰脹は半分に減り痛みも半減する。その後、整形的にシイネ固定しサイマティクスを定期的に施術し、殆ど痛みは無くなり歩行して通院されている。

【症例2】 88歳 男性

主訴:脳血管障害で1年以上、震顫が取れず、腰が痛くあおむけで寝られない

治療経過:

    白内障手術のため来院、手術の前に腰にサイマティクスを施術。(腰椎変形と圧迫骨折あり)1週間2回の腰のサイマティクス治療で痛み無く、あお向けに寝られるようになり、歩行通院が可能となった。その後、肩が痛いとのことで、肩のサイマティクス治療を行い、1ヶ月で治癒。胃下垂があるため、胃のサイマティクスを施術、胃のほうも徐々に上がってくるのが分かるようになる。胃の痛みもなくなったことにより、1ヵ月後白内障の手術を行い現在、元気に通院されている。

【症例3】 68歳 男性

主訴:上腕部、肩から肩甲部にかけての重苦感とこわばり。両足底部の異常感覚(ビリビリ感)、両手指の異常感覚(ごわごわ感)

症状経過:

    4年前、坂道で転倒し、頚椎不全損傷を受傷。近くの整形外科で約1ヶ月間は手足が全く動かず、3ヶ月目で手首と足首が何とか動くようになり、歩行訓練に入った。4ヶ月以降も肩から肩甲部にかけての重苦感とこわばり(エモン掛が肩に入っている感じ)、両足底部の異常感覚(ビリビリ感)、両手指の異常感覚(ごわごわ感)が続き、当センターを受診。

治療経過:

    脊椎を整える音、神経系、脊椎神経を整える音、エネルギー調整音を中心に音を使い、施術していった。最近は両手両足の異常感覚は殆ど消失し、肩甲部のエモン掛感覚も殆ど感じないようになった。1ヶ月前に、右側側頭部に直径8mmの両性腫瘍を訴えたので、腫瘍関連の音を週1度の割合で使い始め、腫瘍は約1ヶ月で自然消失した。

【症例4】 7歳 女子

主訴:チック・気管支喘息・爪をかむ・腹痛など

症状経過:

    小児の虚弱体質を持つ女の子で、喘息の薬を服用している。

治療経過:

    サイマティクス・セラピーを1週間に1回、3ヶ月間施療。最初の1~2回で喘息の回数は減ってきた。1ヶ月で腹痛、チックなどの症状が改善され、サイマティクスを受けていると症状が出ないとの事。喘息の発作も殆ど薬を必要としなくなった。

【症例5】 81歳 男性

主訴:腰痛としびれ

症状経過:

    腰にサイマティクス治療を行い、5回目からしびれがなくなってくる。8回施療し、完全にしびれ・腰痛が無くなったため治療を終了。

【症例6】 17歳 男子 高校生

主訴:全身倦怠感・不眠症・鼻づまり

症状経過:

    小学校時代より鼻閉塞感があり、約半年前より全身倦怠感を自覚するようになった。数日前より微熱と不眠症を覚え、更に最近勉強がはかどらなくなり受診。

治療経過:

    初診時、両鼻腔は殆ど閉塞し、典型的な口呼吸顔貌をしていた。軽度の側鸞症も見られた。サイマティクスで全身のエネルギー状態、鼻と副鼻腔を調整する音、不眠症関係の音、脊椎を矯正する音などを使用した。両鼻腔閉塞は施術後改善し、その日から鼻呼吸が可能となった。一週間後の受診時には全身倦怠感と不眠症は消失し、二週間後には鼻閉塞感は殆ど消失。鼻呼吸、冷たい飲食物禁止、両噛み50回、仰向け寝を指導。

【症例7】 30歳 女性

主訴:両手の震え

治療経過:

    中3の時、両手の震顫が出現し、神経内科で入院検査、上記と診断される。祖父母、父に不平不満を言われ、ハシも持てない程の震顫が出現。サイマティクス施術20分で震顫は消失した。

【症例8】 92歳 男性

主訴:車イスにて右肩筋断裂・血膝にて来院、整形病院で治療するも治らない

治療経過:

    1回目、サイマティクス治療後痛みが無くなり、手のむくみが引く。2回目で出血が無くなった。3回目で完治した。その後下肢痛があるとのことで腰と膝を施療、8回サイマティクス施療後は痛み無く、車イスなしで歩行可能となる。

【症例9】 67歳 男子

主訴:パニック発作(動悸)、胸焼け、左耳難聴、鼻閉塞、気管支喘息

症状経過:

    約5年前より気管支喘息、高血圧で近医にて加療を受けている。心配事ができて不眠症 となり、その頃より軽度から中程度の気管支喘息発作の回数が増えてきた。1月下旬に 予期不安を伴う突然の動悸発作が出現した。治療経過:胸やけ、左耳難聴、鼻閉塞も同時に訴えていたため、全身のエネルギー状態を調整する音、精神面を改善する音、気管支喘息に対応する音、合計23種類使用した。     施術後、耳が聞こえるようになり、両鼻閉塞も改善し、施術後から鼻呼吸が可能となった。難聴も改善し、テレビの音量も「22」の目盛にしなければ聞こえなかったのが「16」でも十分聞こえるようになった。パニック発作もサイマティクス施術日以来、消失した。1週間後には鼻閉塞は消失し、喘息発作も殆ど消失した。2回目の施術以降も体の調子が良く、それ以来受診していない。近医からの内服薬は継続中。

【症例10】 76歳 男性

主訴:腰痛、しびれ(左臀部より爪先)、杖がないと歩けない

治療経過:

    整形外科より手術を勧められたが拒否。サイマティクス施術2回目より杖無しで歩行可能になる。車運転時のしびれが消失。5回目で日中のしびれは完全に消失。長時間の立位時以外は腰痛消失。7回目以降腰痛、しびれは消失し治療終了。

【症例11】 60歳 男性

主訴:腰痛、左足しびれ

治療経過:

    咳をした後に突然激しい腰痛と左足しびれが出現。人に支えられて来院。サイマティクス施術1時間で腰痛、しびれが完全消失。以前のように歩行できるようになり治療終了。

【症例12】 73歳 男性

主訴:腰痛、左臀部痛、左足しびれ、歩行困難

治療経過:

    腰椎すべり症、左坐骨神経痛で医療機関を変え、8回の神経ブロックを含む種々の治療を受けるが全く効果なし。鍼、灸もしたが全く効果が無かった。サイマティクス施術ごとに症状軽減し、7回目で臀部痛が完全に消失。コンクリート歩行も可能になる。12回目で症状が殆ど消失し、治療終了となる。

                      cymatics4.jpg        
«  | HOME |  »