日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 2006年12月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイマティクスの概略   2006.12.26

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体 Tag [代替療法]
音を体に聞かせるだけで、健康になれる?
音を体に聞かせるだけで、本当に病気が治る?
音を体に聞かせるだけで、疲れがとれる?
音を体に聞かせるだけで、肌がきれいになる?
しかも、全く害がない? 本当の話し? 信じられない!!
サイマティクス・セラピーは、本当に嘘のような本物セラピーです。


最新の量子物理学(超ミクロの世界)の理論と40年以上にわたる、
Dr. Sir. Peter Guy Mannersによる研究の成果なのです。 後でご紹介する多くの病院、
クリニック、鍼灸院、整骨院、エステ等にも既に導入され、皆様の健康回復に
活躍しています。 詳細は後述しますが、初めての方のために要点をご紹介しましょう。


(1)サイマティクス・セラピーについて

この宇宙に存在する、全ての物質は、固有の振動数(周波数)をもっています。
人間の各細胞や、器官にも、それぞれ固有の振動数が あります。骨には骨の振動、
心臓の振動、胃や腸の振動というものがあります。体に異常が生じると、その部位の
本来の振動は、乱れた状態になっています。

その為、異常の部位に、正常な振動を与え、音叉の原理のように
励振共鳴させることによって、徐々に乱れた振動を本来の正常な振動へと
回復させることができます。 即ち、自己治癒力を賦活させる手助けを行うのです。
元の正常な振 動に戻ったとき、私達の体は健康体に戻るのです。
これが、サイマティクス・セラピーの原理です。


(2)何故、音響が体の健康維持、病気の治療に役立つのか?

人の生体も、原子・分子・細胞・臓器・器官レベルにおいて、
それぞれ固有の振動をもっており、あたかも、オーケストラの各パート が奏でる音が
全体として調和し、一つの旋律を奏でるように、心身全体として
一大調和音振動を発していると考えられます。

そこで、無害の可聴域音(周波数振動)を使 って励振共鳴させると、
倍音の法則で体の中で共鳴を起こし、一つ 一つの細胞又は臓器等を活性化し、
また、異常のある部位は、振動の乱れを調律することができるので、健康維持・
増進に役立つのです。


(3)サイマティクスの研究や治療はどのように発展してきたか?                              

音の振動の科学的研究は、18世紀にバイオリンの音が砂の上に模様 を
作り出すことを発見した、音楽家であり、科学者でもあったアーネスト・クラウディニに
始まります。その後、スイスの科学者ハン ス・イェニー博士が、トノスコープという装置を
開発し、音(振動)が物に動きを与え、物の形を作るという詳細な実験研究を行いました。
そして彼は、この分野の学問領域の名前をギリシャ語の波動の意味を持つ
(Kyuma=キューマ)をとってCYMATICS(サイマティクス)と名付けたのです。


ハンス・イェニー


くしくも、時を同じくして、ピーター・ガイ・マナー博士は音(振動)を使って治療を行う研究を
30数年にわたって続けており、自身のセラピーにソニック・レゾナンス・セラピーや
アコースティック・セラピー等という名前をつけていましたが、ハンス・イェニー博士の研究が、
マナー博士の理論を実証するものであることから、サイマティクス・セラピーという呼称に
切り替える事になったのです。


イギリス在住のマナー博士は、現時点で40年近くかけて、人体の各部位がもつ
固有の音(振動)の周波数を計測し、臨床実験を積重ねてサイマティクス・セラピーを
確立しました。マナー博士は、イエール大学の解剖学教授ハロルド・サクストン・バーと
親交が深く、彼の「生命場」理論も共同研究上で多大な貢献をしています。
20070105105543.jpg
(4) サイマティクス・セラピーはどのような状態に効果があるのか?

肉体的周波数だけでなく精神的周波数も解析されており、心身の状態に対し優れた
効果があります。単に肉体という物質レベルだけでなく、エネルギーレベル、精神レベルにも
効果を現すということは、即ち量子レベルで作用することを意味します。
この点が、ニュートンの万有引力の法則を基礎とする古典物理学をはるかに凌駕する、
量子物理学領域の研究成果といえるのです。


(5) 具体的にどのようにサイマティクス装置を使うか?

現時点で2種類の機器を開発しています。
一つは“キュアウエーブ”という名称の機器で、CD(10種類の健康状態にあわせたCD)、
CDプレイヤー、アンジュレイター(アプリケーター)から構成されています。
この使い方は、正常に戻したい部位のCDを選び、CDプレイヤーで音を再生し、
アンジュレイターでサウンド(振動を伴う)を出力します。アンジュレイターの使い方は
励振部位解説書に従って、体の必要な部位に印加します。

 <家庭用医療器具製造番号取得済 No.06BZ6003>
もう一つは大型の装置で、病院、クリニックなどで使用されています。
現在、医療器具の認可取得準備中です。


machine.jpg



スポンサーサイト

サイマティクス療法の解説 Dr.マナー   2006.12.12

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

            ハンス・イェニー
        「サイマティクス療法の解説」                                           by Dr.Sir・Peter・Guy・Manners  
                     
日本サイマティクス・セラピー研究会 
  
 ここでご紹介する「サイマティクス療法の解説」は開発者であるマナー博士の「サイマティクス」の解説書からの抜粋です。

「昔から知られているように、音には物質に秩序を与え、あるいは物質の秩序を変えて、物質の一定の形を維持したり、形を作り出す力がある。物質の外的な秩序は空間中の形として現れるが、その一方で肉体の化学的な組成として表現される内的な質的秩序も存在する。

 
従って、植物や高等生物の器官のあらゆる部分に、ある種の内的な物質秩序があり、それは、それら生物の空間内の形や構造とは別の秩序である。空間内の形や構造と内的な秩序はお互いに一方が無ければ他方も無いという関係にあり、両者は何らかの仕方で多様に結びついている。
「両者の秩序が結びついている」ゆえに、音は空間中の姿(FORM
)や形(SHAPE)の形成にも力を及ぼすと考えられる。
*FORMは個々の種の形、SHAPEはひとつの種内の形(痩せている、太っている、大型、小型など)

 
姿や形に影響を及ぼす化学作用について考えてみよう。ここで言う化学作用とは物質間の相互親和性がもたらす化学反応のことではなく、これよりも更に幅広い現象を指す。音の力と化学作用が物質の内的な形に影響を及ぼすという意味での形は、狭義の化学反応が作り出す形とは別の意味の形である。

 組織や器官の構造体の、自然の共振周波数に相当する高調波周波数を計算により求め、それを本装置により経絡点と患部の両方に送り込む。これにより、患部の軽快感と痛みの緩和が得られる。この療法は重症の火傷や損傷、外傷にも有効である。骨折患者にも有効であり、除痛と同時に患部の組織構造と再生を促進する。」

(サイマティクスの大きな特徴は、類似の機器や鍼灸のように、単一あるいは単純な信号(周波数振動、電圧、電流)を用いたり、ツボに対して単一の刺激を与えたりするのではなく、疾患の部位や症状によって個々に異なる複数の周波数の調和音(波動信号)を用いる点です。 乱れた秩序(疾病)に対して、本来あるべき「複数の音」(波動や信号)を与えることで、それを矯正し治癒力を高めることができる、と言うのがマナー博士が提唱するサイマティクス療法の基礎になっています。)  
  
                   ラン

<サイマティクスの理論>
 
器官、腺、器官系は、いずれもそれ自身がエネルギー系である。これらの系に機能不全があれば、その振動共鳴特性が変化する。その変化は体全体のエネルギー系を妨害することもありえる。エネルギーの流れが妨害されることが、肉体的あるいは精神的な症状の原因である場合がある。

 エネルギーが妨害されている箇所を発見し、器官、腺、及び器官系へのエネルギーの流れを正常化すれば、せいじょうのな機能の回復を促進しうる。このことは多様な評価技術によっても判定できる。これらの技術は適切な加療が必要な領域を正確に指示できる。
 
 脳のエネルギーレベルは体全体のエネルギーレベルの維持に重要な役割を果たしている。脳のエネルギーが低かったり、脳の左右半球が不均衡な時は、脳は十分に有効機能しえない。妨害を受けたエネルギー系はコンピュータープログラムによって制御されるサイマティクス医療装置を、体の各部にとって病理学的に正しい波形に調律することによって正常化できる。

 肉体系を貫流するエネルギー流は磁気的な性質を有する。このエネルギー流は、サイマティクス医療装置の出力からの正しい磁気エネルギーにより均衡化しうる。器官、腺、及び器官系は、治療プログラム次第で機能強化することができ、その結果、治癒が促進される。                      
      実

 過去のシステムと違い、サイマティクス医療装置は、磁界及びPositive Sound Pattern(正の音響パターン)という二つのタイプの加療が可能である。あらゆるタイプの加療において磁気エネルギーを併用することが極めて重要であるが、過去の磁気治療は磁気の機能だけを用いたものである。サイマティクスの医療装置は磁気の機能にサイマティクスのエネルギーを付与する。

 サイマティクス音はエネルギー伝達方法であり、特殊な可聴域周波数を体に印加する方法である。波動は肉体の器官、腺、器官系の活動に影響を及ぼす。一方、可聴帯域には属さない磁気パルスは、脳がそれを容易に感じ取り、搬送波の役割を発揮して特定の可聴域周波数のもつエネルギーを患部に運び、前物理的(前肉体的形姿 Pre-Physical Form)に影響を及ぼす。

 サイマティクスの磁束は従来の磁気治療と異なり、単なる磁気の適用ではない。音とパルス状の磁界を併用することによって高い効果を上げるのである。そのため、従来の磁気治療のような高エネルギーを必要としない。パルス磁界の共振特性により、非常に小さなエネルギーで大きな生理的効果を上げる。人体の有機的組織は、やみくもに強力なエネルギーを必要としない。人体の細胞1個を活性化するのに必要なエネルギーの大きさを考えてみても、このことは明らかである。

 重要なポイントは、患部領域に最も適したエネルギーを送り込むことである。体のエネルギー系は、自分と等しい外部エネルギーならば、エネルギーの効果的な伝送が共鳴の法則に従って生じる。これに対して、適合性の悪いエネルギーによる治療は、体のエネルギー系に害をもたらす。  サイマティクス医療装置は、非侵修性療法(外科手術などの、体の切開や傷をつけない療法)における最新技術を提供する。その特性は、他の治療器具には存在しないものである。生命系に対してそれがもたらす利点は、現在の各種治療器具中で最高のものである。

 サイマティクスのエネルギー(C)と磁気エネルギー(M)は均衡している。脳エネルギーを均衡化し、脳の左右半球を均衡化するのは、このCとMの均衡による。CとMによる療法は過去に類似例が無い。均衡化CMの適用が、その他の療法の一部となっていることすら、過去に例がないのである。サイマティクスのエネルギーは、患部からストレスを取り除き、治癒過程を促進する。炎症やエネルギーの過剰が見られる患部にも適用でき、それら患部を鎮静化する。  

(C&Mエネルギーの作用)

脳の活性化

・脳の左右半球の均衡化

・体への負エネルギーの併用により、脳から体液を引かせ、非侵襲性磁気による
 キレート化と解毒の過程を支援する。

・器官、腺及び器官系へのエネルギー流を正常化する。

・精神と肉体の深いリラックスを促進する。

・微生物やウイルスの成長と再生を抑制し、病原菌の寿命を短縮する。

・カリウムイオンを増加し、アルカリ性を増大する。

・酸性を下げて器官及び組織のPHレベルを正常化する。

・異常なカルシウムイオンを減少する。

・陽イオンポテンシャルを減少し、痛み情報の脳への電気伝達を少なくすることに
 よって、鎮静化を実現する。

・感染による痛みを軽減する。化膿、腫れ、熱などがある場合も有効。

・第三度熱傷の鎮静化を促進し、火傷部位への体液の集中を減らす。

・傷口の出血、組織損傷、軽度の多量出血の制御を支援する。

・組織の緊張と血管収縮を起こす。

・筋肉の腫れや痙攣を取り去る。

・肝臓の酸素消費量を増加する。

・血圧を下げる。

・食品を湿潤化し、有効なミネラルの搬送と吸収を良くする。

・歯科治療用合金による中毒を予防し、水銀蒸気に陽電荷を帯電し、血流や組織へ
  の急速な拡散を防ぐ。

     cymatics4.jpg    
           
 

アクセスアップ・上位表示ならSEO.CUG.NET


 

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。