日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 2009年02月

直面した問題点   2009.02.21

なぜ、音によって治療効果のあるものとそうでないものがあるのか、
なぜ、これだけ故障が続くのか。
北村の質問に対するマナー博士の回答は至極簡単であった。
「機械とは、そういうものだ」-それだけである。

「それでは、サイマティクスがいかに良くても日本での普及はできない。
また、日本の機械の耐用年数は十年はある」北村が問いただすと、
「ミスター北村、機械は壊れてあたりまえなのだ。

その時は修理すればいいではないか」とマナー博士は反論した。
このあたりは、異文化間の考え方や価値観の違いである。
「クルマのジャガーと同じだな」と北村は思ったものの、どうしても納得ができない。

実際、マナー博士のクリニックでも一つの音で効果を出すのに
20分以上もかかっている。また、効果は出てもそれが遅いという事実をも発覚した。
これでは、セラピーにならない。

原因を究明しようと、北村は数度目のイギリス訪問の際、
日本から技術者を伴い、機械を製造するハドソンという人物を訪ねた。
ここで機械の製造工程を確認したところ、その製造法に問題があることが判明したのである。

原因はサイマティクスの機械が、マナー博士の理論通りにできていないことにあった。
サイマティクスをセラピーとして使うにあたって、人種や男女の性別、
老若によって、若干の周波数の差がある。

その差を全て振動として取り戻す方法を講じなくては、
マナー博士の理論通りの効果は期待できないことが判明したのだ。
「かくなるうえは、マナー博士の理論を最も忠実に再現できる機械を製造しなくては…」

大きな壁にぶつかった北村だったが、日本には世界に誇る優秀な技術力がある。それをサイマティクスの機械製造に活かさない手はない。
気持ちも新たに新機種開発に取り組んだのであった。

続く

はなみずき

マナー博士との出会い   2009.02.20

サイマティクスの素晴らしさに感動した北村は講演会修了後、
松下に「ぜひ、マナー博士を紹介してほしい」と頼み込んだ。

北村の熱意を感じとった松下は「マナー博士は四月に米国から戻る。
その時にアポイントをとろう」と快諾してくれた。

二ヵ月後、北村は松下とともに、イギリス・イーブシャムにある
ブレット・フォートン・クリニックを訪ねた。ここで北村は松下の通訳を聞きながら、
マナー博士よりサイマティクスのレクチャーを一週間にわたって受講する。

とはいえ、そこは専門領域の話ばかり。「医学の専門用語や量子物理学の
内容は正直、理解できなかった」と北村は当事を述懐する。
その後、同クリニックに通院する患者にもサイマティクスの効果を確認した。

そこで聞かされた言葉は押しなべて「ここに来るようになって以来、
西洋医学では治らなかった病気が快方に向かっている」という喜びの声だった。

「この事実が人々のお役に立てる何よりの証拠だ」-笑顔でサイマティクスの
効果を伝える患者と会話する中で、北村はサイマティクスを日本に
普及させようと固く決意するのであった。

その後、北村はマナー博士が使用していた「MARK:5」という
機械を5台購入。これをまず、自社の福岡本社、東京支店でテスト使用を試みた。
すると、ここにいくつかの問題点が明らかになった。

一つは音によって即効性のあるものと、ほとんど効果のないものがあるということ。
二つ目は機械の故障である。一度故障すると、イギリスに送って修理され、
戻ってくるのに三ヵ月から六ヶ月かかる。

「これではサイマティクスを日本で普及するのは難しい」
-そう判断した北村はその後、数回にわたって、イギリスのマナー博士を訪ねた。



池

北村とサイマティクスの出会い   2009.02.13

サイマティクスを初めて日本に紹介したのは、ブレットフォートン・
ユニバーサル・アカデミーの松下幸訓である。

松下は東京電機大学を卒業。その後、サイバネティクス(人工頭脳)を
学ぶため、イギリスの大学に進学、卒業後は同国で
人間を工学的見地から分析する業務に専念していた。

その松下にある日、大きな試練が訪れる。
最愛の娘が医者で「股関節変形症」と診断されたのである。
「何としてでも、この病気を治したい」…切なる望みをかけて
あらゆる医療機関を訪ねた松下だが、期待は裏切られた。

しかし、ここで大いなる幸運が舞い降りる。ある日、
「音で骨格の変形をも治療するところがある」という話が飛び込んできたのだ。

それがブレットフォートン・ホール・クリニック、マナー博士との出会いだった。
ここで神の奇跡が起きる。治療不可能と診断された末娘の股関節変形症が何と、
一ヶ月半で完全に治ったのである。

感動した松下はマナー博士より、サイマティクスの機械を購入。
本業と並行しながら、イギリス国内でセラピーを始めた。
自らサイマティクス・セラピーの効果を実感した松下。
この素晴らしさを母国の日本にも伝えたいと思うのに時間はかからなかった。

当研究会主宰者の北村とサイマティクスとの出会の背景には、
こんなストーリーがあった。そして、これからは北村の話。それは今から15年前にさかのぼる。

当時、北村は大手石油メーカーを退職後、福岡に本社を東京に支店を設け、
波動測定器(LFT)の代理店を営んでいた。その北村のもとを訪ねたのが松下であった。
「イギリスにサイマティクスという音の振動による新しい施療法がある。

その効果を測定する機械はないだろうか」。松下の問いかけに
北村は興味を持ちつつも「波動測定器には、使用時にそれを扱う人の意識が反映する
ケースが多々ある。傾向値は分かるが、確定的な数値を出すのは難しい」と答えた。

その後の会話の中で、サイマティクスの開発者であるサー・ピーター・ガイ・マナー博士の
話が出てきたのである。「人間の身体は全て固有の調和音振動をもっている。
ところが、体の調子を崩すと、その部位の本来の音(振動数・周波数)が乱れ、
不調和を起こしてしまう。

そこに注目したマナー博士は40年以上かけて、人体の各部位が持つ固有の音
(振動数・周波数)を計測し、臨床実験を重ねたうえでサイマティクス・セラピーを確立した」。

サイマティクスに関心をもった北村に、松下は福岡県・久留米市で開催する
日本初の「サイマティクス講演会」への出席を促した。
94年2月、寒波の影響で大雪の降りしきる日のこと。

福岡の実家に戻った北村は講演会が行われる久留米市まで車を飛ばした。
この体験が北村のターニングポイントになる。
講演会で上映されたのはマナー博士の海外公演のビデオ、そして音が実際に
物質に対してどのような影響を与えるかを紹介するハンス・イェニーのビデオ。

「音(周波数)を体と共鳴させることで健康を取り戻せるということ、しかも、
副作用が一切ないということに強い関心を抱いた。中でもハンス・イェニーのビデオは
音が物質に動きと形姿を与え、しかもその形姿が周期性を持ち続けている。
知らなかったとはいえ、こんな事実と世界があるのかと驚愕したことを今でも覚えている」

-当事の感動と驚きを北村はこう語る。

続く


さくら

サイマティクスと精神的な病   2009.02.09

過去10年以上のテストを通じて、経験的に感じた事を参考までにご紹介しましょう。

年齢は様々ですが、男女に共通して言えることは、精神的に極めて不安定で、
感情の起伏が激しい人にサイマティクス音を当てると、
痛いとかイヤだとか拒絶反応を起こします。本人から1メートル程度離して
音を発信してもイヤだと言って拒絶されます。

サイマティクス音は、その人の生体に不要な音、適切でない音があっても、
その音はその人の体で共鳴を起こさず、肉体的には何ら悪影響を起こしません。
しかし人によって拒絶するのは何故でしょうか。特に、躁鬱病、ノイローゼ、
精神分裂病(統合失調症)などと呼ばれる心の病を持った方に顕著です。

心が荒れて不安定の状態にある時、私達の心の周波数は乱れ始め、
不調和な振動を発します。そしてその波動に共鳴する霊的に不調和な波動が
集まってきます。その為、サイマティクスの「愛」と「調和」の和音は
受け入れがたいものとなり、音を聞いただけで拒絶するという現象を引き起こすのでしょう。

これらの心の病の原因は、家族関係や職場環境が関与していると思いますが、
何より本人が自分の欠点を自覚し、修正しようとする「気づき」を待つしかありません。
しかし、サイマティクスが人の魂レベルにも作用することを体験した時、
何かより的確なアプローチができる可能性があると思われます。

オーラやチャクラの調整音でかなりの効果が認められるという、
多くのドクターの報告に希望を持っています。
目下、真の癒しがサイマティクスで可能かどうか研究中です。


梅

プロローグ   2009.02.09

これはサイマティクスとの出会いから、試行錯誤の日々、
各医療機関への導入、評価から信頼の輪へと広がる
プロセスを時系列でまとめた記事です。

北村とサイマティクスの出会い、
サイマティクスの開発者・マナー博士との会見から来日、
研究会の発足などを追ってご紹介いたします。


すみれ

サイマティクスの使用法   2009.02.02

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
(1)様々な体の状態に対して、どのように器具を使うか?

原則として、体に異常を感じているところを中心に、アンジュレイターという機器を使って、音と振動を当てます。時には、経絡やチャクラに当てることもあります。
サイマティクスでは、生体を物質の集合体としては考えません。

生体をエネルギー体として考えます。 私どもの研究成果をもとにすれば、エネルギー系・メンタル系、そして最後に肉体レベルのケアーの順序でアプローチするのが最も効果的です。
従って、インドのアーユルベーダーや東洋医学的知見、そして、西洋医学的知見をミックスして最適のアプローチを行うことになります。
キュアウエーブ付属の10枚のCDは、このような考えをベースに構成されています。


machine.jpg


(2)効果を得るのにどのくらいの時間がかかるか?


最初は週に2~3回の頻度で使用されることをお勧めします。
副作用はないので、毎日使われても問題ありません。その後は、体調の変化を見ながら間隔を延ばして下さい。 自然治癒力を賦活して、健康回復を図るわけですから、
体調がどの程度悪いかによって効果は変化するので、一概に期間は特定できません。

(3)按摩やマッサージとはどう違うか?    
                   
按摩やマッサージは1秒間に1回揉むとすれば、周波数では1Hzということでしょうし、マッサージ器でも50Hz、70Hzなどというように周波数は固定されていて、血行を良くし、凝りをほぐしたりするものです。 サイマティクスは、体調や器官が有する固有の複数周波数の調和音を振動と音で印加し、励振・共鳴させて自然治癒力を賦活させるものですから、
按摩やマッサージ器の単調な刺激作用とは、その原理を全く異にするものです。



sleeping.jpg


(4) サイマティクス・セラピーに危険や副作用はないのか?

使用する音には、危険や副作用のある超低周波や超高周波は使わず、日常生活で日頃私達の耳で聞き取ることのできる可聴域音だけを使っているため、危険や副作用は一切ありません。また、サイマティクスの音の選定を間違えたり、音を当てる部位を間違えた場合でも、それらの音はただ体を素通りするだけで、全く危険や副作用はありません。しかし、万が一、サイマティクス・セラピーを使用中に異常を認めるような時には、何か他の原因が考えられますので、ご使用を止めて下さい。


(5) 専門家のアドバイスはどのように受ければいいか?

病気の診断・治療は専門医にご相談下さい。
サイマティクスを導入しておられる病院やクリニックは、全国で約100ヶ所あります。
最寄りの連絡先にご相談されることをお勧めします。きっと、満足のゆくアドバイスを親身になって行って頂ける、素晴らしい先生方との出会いが待っています。但し、サイマティクス・セラピーは自由診療となっています。
 

(6) サイマティクスの世界的な広がりはあるか?

欧米を中心に急速に研究が進んでいます。バイオ・レゾナンス(Bio-Resonance)やメディカル・レゾナンス・セラピー・ミュージック(Medical Resonance Therapy Music)などといったものが普及しています。当研究会が2006年10月末、香港講演に赴いた折にも、現地でこのような類のセラピーに出会いました。


日本は島国で閉鎖型の社会のためか、この分野の認識とその研究は後進国です。
アメリカ政府はアメリカ国民のインテリジェンス層と呼ばれる人々を対象にどのような医療を受けているか調査した結果、その約30%強の人々が現代西洋医学の医療に満足せず、代替補完医療と位置付けられている、鍼灸やカイロ、漢方やハーブ、サプリメント、ホメオパシー等に頼っていることに驚き、十数年前から多額の予算を投じて、
NIH(アメリカ国立衛生研究所)を中心に、これら伝統医療の研究を続けています。

その中に、エネルギー構造治療委員会が設置されており、人間の生体をエネルギー体として捉え、その治療法の確立を急ぐという国家戦略を推進しています。 このような世界の潮流の中で私共が知り得る限り、マナー博士の40年来の研究成果であるサイマティクス・セラピーは、最も進んだ最先端の技術とノウハウのセラピーであり、科学的にも経験的にも納得のゆくものであると確信しています。


(7)サイマティクスの日本での研究と応用はどうなっているか?

1995年にマナー博士を日本に招いて、東京と福岡でサイマティクスに関する講演を行いました。
当初、日本サイマティクス・セラピー研究会では、英国製の装置を使ってテストを重ねましたが、マナー博士の理論を忠実に再現できないことが判明し、また、故障が多く修理に時間と費用を要するため、マナー博士の理論を忠実に再現可能な機器、装置を独自に開発しました。


その後、約15年の歳月をかけて、様々なテストを医療関係者のご協力を得ながら実施し、ハード、ソフト両面でのノウハウ確立を行ってきました。特にソフト面では中国医学、インドのアーユルベーダー、日本古来の鍼灸、漢方、勿論、西洋医学の知見を含め、あらゆる考え方からのアプローチを繰り返し行った結果として、完全とはいえないまでも、世界で最も進んだノウハウを集積することができていると自負しています。

適用例(症例)は数千例にのぼりますが、十人十色というように症例は似ていても、その根本原因は微妙に違っています。従って、標準化することは困難ですが、サイマティクス・セラピーの活用をより高め、皆様に習熟して頂くための標準化に努めています。
応用の分野では、美容用や農業用又は、その他産業向けの共同研究にも着手しており、広汎にわたる画期的成果を期待しているところです。
世の為、人の為、お役に立つことのみを祈る次第です。

サイマティクスの本質を伝えたい   2009.02.02

私たちなりに理解しているサイマティクスの本質を語るには、勇気が必要です。

ここに記載してあることを読まれる皆様からは、“一体何を言っているのだ、
新興宗教の信者か”などと色々な受け取り方をされることもあるかもしれません。

また、私たちが伝えたいことが十分に伝えられない場合は、
せっかくのマナー博士の研究成果を台無しにするばかりでなく、
サイマティクスの普及を遅らせることになるかもしれません。

そして私たちに協力していただいた多くの医師や整骨、
鍼灸関係の方々にご迷惑をかける結果になるかも知れないと危惧しました。

しかし、間違いない、これこそサイマティクスの本質であると体験的に
確信したことをご紹介します。難解で読みづらいかもしれませんが、サイマティクスを
ご理解いただくためにもぜひ、ご一読ください。

マナー博士は英国BBC放送のインタビューの中で、次のように明言しています。

「音(周波数)は物質に動きを与え、形姿を創りだし、更にその動きと形姿に
周期性を与える力がある」さらに「世界の始めに音(言葉)があった。音は神であった」と。


何と大胆で意味深い発言でしょう!

マナー博士の言葉を振り返りながら、私たちなりにサイマティクスの本質を追求していきたいと考えております。

実

サイマティクス・セラピー症例写真集   2009.02.01

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
サイマティクス・セラピー症例写真

ここに記載するのは、数名の医師がサイマティクス・セラピーを実施した症例写真です。他にも多数の症例がありますが、ご紹介できるのはごく一部です。なお、下記にある全ての症例と画像は、本人と医療機関の了承のもとに掲載しております。

アトピー性皮膚炎 施療前               施療後
        
ato022.jpg  治療後

アトピー性皮膚炎 20代女性

本人の訴え小児アトピーをもっていた。便秘、ガス膨脹、冷え性。生理前はイライラする。
皮膚炎の患部は黒ずんで乾燥している。写真は皮膚の角質の変化をマイクロスコープで
撮影したもの。


小児アトピー 施療前    小児アトピー 施療後
セラピー前  セラピー後

また、この女性は仙骨と脊椎にも湾曲症状があったため、そちらも同様に施療を実施。
同日、姿勢に顕著な変化が見られた。


仙骨及び脊椎施療の変化 同日
施療前                      施療後
施療前_01    cc_02.jpg

男性 50代 喉頭癌(扁平上皮癌)退縮

2回のサイマティクス療法,天然メシマコブと莪述の併用で、下記写真のように10日間で声帯部分の喉頭癌が退縮。その後、病院で放射線療法と化学療法を受け完全に消失。約4年後の現在も元気にサイマティクス健康法を継続中。

施療10日後写真 左 施療前 右 施療後

20060930135746.jpg
(於:自然医療センター)

中耳炎による卵大の腫れが4日後に消失

施療前                   施療後
中耳炎治療前  中耳炎治療後

犬リンパ性白血病

人医学では、高度な医療技術の発展により、治療ケースが増えている白血病だが、獣医領域では治癒例の少ない「犬リンパ性白血病」。これはサイマティクスを導入する獣医での施療により、完治した症例である。http://www.h7.dion.ne.jp/~shizen/span>
 
サイマティクス施療中                  完治後
犬治療前 犬治療後

脊柱彎曲症例3例

下記は高齢者の脊椎彎曲症例。背中は曲がり、痛みなどの自覚症状もあり。個人差はあるが、施療同日で腰、背中が元通りの正常な状態になっている。
      
施療前                    施療後(同日)
aa_01.jpg  aa_02

施療前                  施療後(同日)
bb_01.jpg  bb_02.jpg

施療前                  施療後(同日)

姿勢治療前  姿勢治療後
«  | HOME |  »