日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 2009年02月

サイマティクスと精神的な病   2009.02.09

過去10年以上のテストを通じて、経験的に感じた事を参考までにご紹介しましょう。

年齢は様々ですが、男女に共通して言えることは、精神的に極めて不安定で、
感情の起伏が激しい人にサイマティクス音を当てると、
痛いとかイヤだとか拒絶反応を起こします。本人から1メートル程度離して
音を発信してもイヤだと言って拒絶されます。

サイマティクス音は、その人の生体に不要な音、適切でない音があっても、
その音はその人の体で共鳴を起こさず、肉体的には何ら悪影響を起こしません。
しかし人によって拒絶するのは何故でしょうか。特に、躁鬱病、ノイローゼ、
精神分裂病(統合失調症)などと呼ばれる心の病を持った方に顕著です。

心が荒れて不安定の状態にある時、私達の心の周波数は乱れ始め、
不調和な振動を発します。そしてその波動に共鳴する霊的に不調和な波動が
集まってきます。その為、サイマティクスの「愛」と「調和」の和音は
受け入れがたいものとなり、音を聞いただけで拒絶するという現象を引き起こすのでしょう。

これらの心の病の原因は、家族関係や職場環境が関与していると思いますが、
何より本人が自分の欠点を自覚し、修正しようとする「気づき」を待つしかありません。
しかし、サイマティクスが人の魂レベルにも作用することを体験した時、
何かより的確なアプローチができる可能性があると思われます。

オーラやチャクラの調整音でかなりの効果が認められるという、
多くのドクターの報告に希望を持っています。
目下、真の癒しがサイマティクスで可能かどうか研究中です。


梅

プロローグ   2009.02.09

これはサイマティクスとの出会いから、試行錯誤の日々、
各医療機関への導入、評価から信頼の輪へと広がる
プロセスを時系列でまとめた記事です。

北村とサイマティクスの出会い、
サイマティクスの開発者・マナー博士との会見から来日、
研究会の発足などを追ってご紹介いたします。


すみれ

«  | HOME |  »