日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 2012年05月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムニタ活人塾の教え   2012.05.01

img_top_02.jpg


日本サイマティクス・セラピー研究会の顧問、数理物理学者の保江邦夫先生が、「コムニタ活人塾」を設立されました。

スペインのモンセラート修道院の司祭であった、エスタニスラオ・マリア神父は、イエスから日本に行けと命ぜられます。幼少の頃からマリアやイエスを体験していた神父は無条件でその命に従い、長崎の五島列島で隠遁生活を送ります。その後、広島県三原市の山奥に移り、三原の隠遁者様と呼ばれました。

岡山のノートルダム清心女子大学の教授である保江先生は、ある朝、三原の隠遁者様を訪ねることを思い立ちます。噂に聞いただけで、どこに住んでいるかも知らずに出発した保江先生は、天の印に導かれて隠遁者様と会うことになります。この間の不思議ないきさつは、「路傍の奇跡」をご覧ください。

路傍の奇跡―何かの間違いで歩んだ物理と合気の人生路傍の奇跡―何かの間違いで歩んだ物理と合気の人生
(2011/01)
保江 邦夫

商品詳細を見る


隠遁者様は保江先生に、天国に行く方法を伝授されましたが、そのことをこのたび、「コムニタ活人塾」によってお伝え頂くこととなりました。

天国に行く方法とは何でしょうか。第1回の授業で教えて頂いた内容をご紹介します。
尚、管理人の勝手な解釈が加わっていますことをご了承ください。

(方法1)
例えばスーパーで牛乳を買う時には、日付が古く賞味期限が迫ったものを買う。
雑誌を買う時も、後ろの新しいものでなく、人が触ったものを買う。


この意味はわかりやすいと思います。新しいものを買うことは当たり前のようですが、そこに私たちの自己中心性が現れています。
損と得があれば、損を選ぶこと、自分より人を優先することは、自己中心性を正す行為であり、天国の入り口だと思います。

(方法2)
僕(しもべ)になる。

無条件で僕になることは、自我を捨てなければできません。ある高僧が、人間の欲求の中で、もっとも克服が困難なのは、人から尊敬されたいという欲求だと言っていました。歳を取って性欲、食欲、物欲が影をひそめても、人から尊敬されたい、立派だと思われたいという欲求は小さくなりにくいようです。

それだけに、自分を低くし、僕になることは、困難な修行だと言えます。会社で体育会系が好まれるのは、彼らが無理無体を耐え忍ぶ素直さをもっているからでしょう。ゴミや空き缶を拾うことも僕の修行であり、天国への入り口です。

(方法3)
死ぬ時に、「ただいま」と言って天国に帰る。

この世は仮の世で、私たちは天国からこの世に修行に出てきます。そして肉体が寿命を迎えれば天国に帰りますが、その時、家族や仕事などに心を縛られず、ただいまと言って、さっと帰るようにしなければいけないようです。

しかし、たとえば犯罪者や自己中心的な人生を送った人間が、死ぬ時に「ただいま」と言っただけで、天国に帰れるのかという疑問があります。

親鸞の「善人なおもて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」の意味は、善人だと思っている人は反省をしないが、悪人は自分の罪を知り後悔しているので、善人が往生できるなら悪人はもっと往生できる、という意味です。

しかし、親鸞の時代の日本人は、悪人と言えども良心があったでしょうが、現代の人間は平然として悪を行い、反省などしていないかも知れません。従って、「ただいま」と言って天国に帰れるのは、自分の思いや行いを反省することができる人間だと理解します。

(方法4)
朝、眼が覚めた時に、胸の前で合掌する。

祈る時、世界中の人が胸の前で手を合わせます。これは人間の心が一番穏やかになる形だからです。右手と左手を合わせるのは、陰陽の調和です。
朝、眼が覚めた時は、心が1日の中で一番素直です。この時に手を合わせれば、心は更に調和されます。
天国に帰るためには心が調和されなければならず、1日を調和の姿から始める習慣をつければ、天国の門は近づいてくるでしょう。

今後の授業内容は、コムニタ活人塾で直接お聞きください。
コムニタ活人塾へのお問い合わせ、お申し込みは下記窓口か、日本サイマティクス・セラピー研究会事務局までお願い致します。
ご参加をお待ちしています。

コムニタ活人塾

お申込み  コムニタ活人塾事務局:田中  携帯電話:090-4216-4423
                    メール :apolokite13@gmail.com


または、日本サイマティクス・セラピー研究会事務局までお申し込みください。
       メール:horiuchi@cyma.co.jp TEL:052-759-5434

当ブログのリンクは承認制です。ご一報ください





スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。