日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 新時代の代替療法 > ペットの臨床例

ペットの臨床例   2011.03.29

cat0050-039_m.jpg


サイマペットを使用頂いている獣医師の先生にお集まりいただき、ペットに対する臨床例をお聞きしました。

H先生 「ウサギの食滞に使用すると、お腹に溜まった毛なども排泄されてきます。
     カワウソの腎結石にも使用中です。いろいろな所に溜まるので手術が難しくサイマティクス
     テストしています。」

Y先生 「末期の僧帽弁閉鎖不全症から肺水腫をたびたび起こす犬にサイマティクスを使ったら、以降、肺水腫
     での入院が無くなりました。心臓の疾患にも効果があるのではないでしょうか。」

Y先生 「サイマティクスは末期のガンの選択肢の1つとして勧め易いです。
     変形性脊椎症や関節疾患などは結果が出やすく、使用後に歩き方に変化が出るので分かります。
     身体の状態を整えるコンディショニング療法の1つとして、アンチエイジング効果を飼い主に伝えて
     います。実際に活発になり、動きが変わってきたと喜ばれる例は多いです。」

S先生 「ヘルニアによく使用します。手術はしたくないというケースにサイマティクスを使っています。
     完全に歩けなかったのが普通に歩けるまでに改善しました。ギックリ腰など腰関係にもよく
     使います。」

A先生 「末期ガン慢性腎不全の末期のケースなどに有効ではないでしょうか。椎間板ヘルニアの手術をよく
     行うので、術後に音を当てて回復のスピードの違いを確認しています。」

cymacat.jpg
     アメリカでの使用例

H先生 「猫の肥大型心筋症に使用しています。薬での治療が難しく、1週間に1度程度のサイマティクス治療で
     結構効果が見られます。手立てが無いときに使用して改善するケースはよくありますが、飼い主への
     勧め方には少し工夫がいります。最近は、どんな症例にもよく使っています。」

Y先生 「入院症例には全て使っています。動物のケージの中にアンジュレーター(振動発振器)を入れて
     おきます。手術中は必ず音を流すようにしています。音は“Animal Body General”です。」

Y先生 「院内で流しっぱなしにすると空気(雰囲気)が良くなります。イギリスやアメリカでは競走馬に使用
     しているようです。」

S先生 「脾臓の腫瘍に効く音はありますか。」
K先生 「腫瘍関連の音が効くと思います。ガンの音を使ってみてはいかがですか。」

S先生 「心臓の疾患が多いのですが、奇形に対してはどうでしょうか。」
K先生 「奇形は難しいのではないでしょうか。」

H先生 「上手く活用できなかった事例の共有も大切ですね。」


臨床例ではありませんが、先生方が一様に、動物は人間の言葉(気持ち)をよく理解している、と言われていたのが印象的でした。安楽死させようかと相談していると、いつもはおとなしい犬が急に暴れだしたり、飼い主が、もう飼えないのでもらってくれる人がいないでしょうかと言ったところ、しょげ込んでしまったりとか、多くの事例を挙げられていました。

ペットは人間の言葉をちゃんと理解していると考え、言葉使いに気を付けて接した方が良さそうです。

参考:動物に対するサイマティクスの効果

≪ご注意≫
サイマティクスの類似商品につきまして、日本サイマティクス・セラピー研究会では保障致しかねます。
本研究会の臨床は、サイマティック・リサーチの機器を使用したものです。

≪お問い合わせ≫
日本サイマティクス・セラピー研究会事務局
mail:horiuchi@cyma.co.jp
TEL052-618-8255
FAX052-618-8251




COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »