日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 新時代の代替療法 > 不登校の子供とサイマティクス

不登校の子供とサイマティクス   2013.10.28

Tag [不登校]
fairySonic.jpg
サイマ・ソニックペディア


群馬の小学校で教員をされている、加藤久雄さんと言う先生がいらっしゃいます。
今、子供たちのいじめや不登校が、全国の教育現場で深刻な問題となっていますが、加藤先生は問題行動を起こす子はクラスの宝であり、みんなでその子のことを自分のことのように考えることで、誰とでも暖かくつきあうことのできる子供に育つと信じ、導いてこられました。

加藤先生が書かれた「どんぐり亭物語」は、すべての子ども達が幸せになるように努力を重ねる中で生まれた、多くの感動的なエピソードがつづられています。


どんぐり亭物語―子ども達への感謝と希望の日々 (バウンダリー叢書)どんぐり亭物語―子ども達への感謝と希望の日々 (バウンダリー叢書)
(2010/05)
加藤 久雄

商品詳細を見る


この『どんぐり亭物語』を担当した編集者の言葉があります。

「原稿をはじめて読んだとき、感激して「私にやらせて」と猛アピール。無事やらせていただくことが出来ました。
なにしろ温かいんです。小学校の先生なんですが、クラス全員、一人ひとりの幸せを願って一生懸命クラスづくりをなさいました。そこで不登校だった子が登校したり、アスペルガー症候群の子が普通の生活が出来るようになったりと数々のドラマが生まれ、何度読んでも感激の涙が滲みます。」

わたし(ブログ管理人)も加藤先生の講演会に参加したことがありますが、悩み傷ついた子供たちが立ち直っていく様子をお聞きしながら涙を禁じることができませんでした。
この加藤先生が不登校の子供さんの復帰プログラムに、サイマティクスCDを使って成果をあげられていますのでご紹介します。
加藤先生がサイマティクスCDを使うに至った経緯は、本研究会の記事に何度か登場頂いている京都の八条鍼灸院の石原先生のご尽力によるものです。

まず石原先生からいただいたメールをご紹介します。

「実は以前コムニタ活人塾(注 現在は活動中止)で講演された、どんぐり亭の加藤先生と手紙のやりとりとメール交換をしています。といってもまだ3度くらいですが。

不登校の子供さんの復帰プログラムに足湯を取り入れていただくと自律神経が安定して
神経興奮や神経過敏型の不登校には効果が高いことをお伝えしたところお試しいただいたようです。

そこでサイマティクスも取り入れていただくとより効果的かもということで「フェアリーソニック」をプレゼントして差し上げました。これが先週の事ですが、今朝とてもうれしいメールを頂戴しましたので転送致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「石原さま
群馬の加藤です。
心のこもったメールをありがとうございました。

実はですね、何でも自分で試してみないと気が済まないので、お贈り頂いたCDを足湯をしながら拝聴させて頂きました。
僕らのセラピーでは、客観的指数として、心臓の心拍変動を使います。HRVといいます。
これはなかなか変化しないのですが、CDと足湯をした後計測したら、四倍近くに数値が上がっていました。
これは、本当に驚くべき数値です。
あまりに驚いたので、今日から早速、小学校の放送委員会の子にお昼の放送に流すように頼みました。
全校700人の子たちに聞かせてみます。
今日は職員室でも流しておきました。

また、何か変化があったらご報告致します。
本当にありがとうございました。

加藤 久雄」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは昨年いただいたメールですが、次は石原先生がフェースブックに投稿されたその後の様子です。

『今日は嬉しいことばかりで!3度目の投稿です^_^

学校の教員を務められながら、不登校のお子さんや引きこもりのお子さんのケアをなさっている加藤先生。
どんぐり亭という施設をお造りになり、自然の力を利用しながら子供達を復帰へと導くカウンセリングを行っておられます。

加藤先生と何度かメールのやり取りをさせて頂く中で、虐待を受けているお子さんの話をお伺いし、何かお力になれればと思い、サイマティクスをご紹介しました。

その加藤先生から本日、嬉しいご報告を頂きましたので抜粋してご紹介したいと思います。文中のフェアリーソニックというのが前記事でお知らせしたサイマティクスのCDの事です。学校の給食時間にサイマティクスCDを流して頂きました。

抜粋
「石原さんが思いを寄せて下さった、父親の虐待を受けていた子ですが、驚くほどの変化を見せました。
僕は、4月にその学校から異動となってしまい、関われなくなりましたが、もと同僚に頼んで、フェアリーソニックを給食の放送の時間に毎日組み込んでもらいました。そして、彼が一番心を開いてくれそうな先生に頼んで、担任になってもらいました。
両方ともうまくいき、彼は、本当に変わったそうです。

もちろん彼は、僕がしたことも、さらにその後ろに石原さんがいらしたことも知りません。
でも、彼の無意識の中には、彼をなんとか救おうとする大人達の思いが伝わっていると思います。僕もきっとそうやって、気付かないうちにたくさんの人に救われているのだろうなあ、と思います。
だから、これでいいのだろうなあと思います。
ありがとうございました。」
抜粋終了

こういう事がもっと多くの学校や施設で行われることが私の夢です。』
石原先生のフェースブックより


加藤先生の取り組みにサイマティクスがお役に立っていることは昨年から承知していましたが、宣伝に使うようでためらいがあり、記事にしないできました。
しかしその後も子供たちの復帰のお手伝いができていることを知り、辛い立場にいる子供たちの救いになればと思い記事にしました。

尚、今回の記事を書くにあたり、加藤先生より石原先生宛てにご了解のメールをいただきましたが、そのメールが素晴らしいのでご紹介します。
ご了解をいただいておりませんがお許し願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石原さま

群馬の加藤です。
メールをありがとうござした。

掲載の件、どうぞ石原さんの思うとおりにしてください。
メールのやりとりを通じて、誠実なお人柄がうかがえ、
石原さんご夫妻に縁ができる患者さんはしあわせだな、
と思っていました。
僕の情報に関わることは、いつも石原さんの思ったように
お進め下さい。

どんぐり亭は紅葉の最盛期です。植物はどうして、
いつの季節も美しいのか、と思います。
それに比べて、こちらはちらっと美しい時があっても、すぐに
汚い心が出たりして・・・。欲を消して、僕の師匠が
教えてくれたように、小糠雨のように生きるのは、
簡単ではありません。(「小糠雨が音もなく大地に降って、
種子が芽を出すように、愛が静かに心に注がれて、魂が
育まれる。」そっと気付かれずに小糠雨のように、
相手を助けなさいと教わりました。)

日本の教育の世界では、学力テストの点をあげるために
あちこちで、汚い手が使われ始め、教育に携わる人間の
覚悟が問われるようになっています。
不登校の子は、テストに休んでもらったほうが、
学校の平均点が下がらないですむのです。
こうして、また、命を育てることとは正反対の教育が
進むこととなります。
このままでは、さらにカウンセリングをする子が増えていくでしょうね。

僕などには、世界や日本を変える力はありませんが、
自分の出会った人たちの幸せのために、そっと
役に立てる人間でありたいとつくづく思います。
それを明るく、楽しくやれるといいと・・・。
きっと石原さんも同じような志を持たれているのだろうなあ
と思っています。

寒さに向かう折り、お二人ともくれぐれもご自愛ください。
では、また。

加藤 久雄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイマ・ソニックペディア

参考子供の問題行動とサイマティクス

日本サイマティクス・セラピー研究会事務局 
TEL 052-618-8255 
mail: horiuchi@cyma.co.jp




COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »