日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > 新時代の代替療法 > 最近の症例から

最近の症例から   2014.04.02

futta0929m.jpg


しばらく更新をさぼっていました。申し訳ありません。

厳しかった冬も終わり、一挙に春がやってきました。(東北・北海道はこれからですね)
桜、雪柳、木蓮、エニシダなどが一斉に咲き、その後にツツジや藤、ハナミズキの季節となります。
春から初夏までは日本の自然がとりわけ美しい季節で、日本に生まれたことに感謝したくなります。

最近のサイマティクス臨床例をいくつかご紹介します。

●40代女性 甲状腺機能亢進症(バセドー氏病)
バセドー氏病による喉の腫れと眼球の飛びだしが顕著であったが、サイマティクスの喉と炎症、リンパ、血流、甲状腺、神経系などの音を使用した結果、施療直後に喉の腫れが引き、眼球の飛び出しも正常に近くなった。

●40代女性
ぎっくり腰のような激しい痛みで腰が曲がらず、トイレでお尻が拭けない状態だったが、サイマティクス施療直後に痛みが軽減し、トイレでお尻が拭けるようになった。腰の痛みの原因が過労によるストレスであることが考えられるため、メンタル系の音も併用した。
疲れやすく仕事がつらいとのことだったので、疲労回復、免疫力賦活の音も使用し、その後の3~4日にわたる仕事も元気でこなすことができた。

●1歳男児
以前「サイマティクスCDと赤ちゃん」でご紹介しました、京都でベビーマッサージをされている方からの報告です。ぐずっている赤ちゃんにサイマティクスの「フェアリーソニック」を聴かせると、すぐに落ち着いてぐっすり眠るとのことで、いろんなお母さん方に紹介して喜ばれているとのことです。赤ちゃんの夜泣きや癇の虫でお困りのお母さんは是非お試しください。

●ある方が弱った植物にサイマティクスCDを聞かせたところ元気になったとのことです。現在、太陽の方を向かずにサイマティクスの音の方を向いているとのことでした。簡単に実験できますのでお試しください。

●ミニチュア・ダックスフント
肛門嚢のアポクリン腺癌を手術したが、腰下リンパ節の癌は切除できなかった。術後サイマティクスを聞かせていたところ、4.8mmあった癌が、2週間で2.3mmに縮小した。動物病院の院長先生は「音治療の効果だと思います」と言われている。

どこの動物病院かご紹介できず残念ですが、サイマティクスをお使いのある動物病院の院長先生は、捨て猫や飼い主さんから引き取った猫を100匹以上も自宅で飼われています。世話や費用が大変だと思いますが、こんな動物好きの先生でしたら、きっと動物たちを親身になって治療してくれることでしょう。
もしご了解いただけましたら、あらためてエピソードをご紹介します。

日本サイマティクス・セラピー研究会事務局 
TEL 052-618-8255 
mail: horiuchi@cyma.co.jp



COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »