日本サイマティクス・セラピー研究会

サイマティクス・セラピーは人体の骨や筋肉、臓器が有する固有の周波数を、5つの音の調和音として患部に当て、共鳴・共振させて健康に戻す療法です。

最近の記事
カテゴリ
プロフィール

cymatics.therapy

Author:cymatics.therapy
サイマティクス・セラピーを体験し、その素晴らしさに感動した一人です。新しい時代の代替療法、サイマティクス・セラピーを伝えることで人々の健康な生活に寄与したい…。
そんな思いからブログ管理人に名乗り出ました。サイマティクス・セラピーを実践されている多くのみなさまのアドバイスを受けながら、その情報を発信していきたいと思っています。

リンク
このブログをリンクに追加する
TOP > サイマティクス・セラピー症例集 >  「脊椎カリエス、むちうち症、高齢者の便秘」

 「脊椎カリエス、むちうち症、高齢者の便秘」   2014.06.16

futta0968m.jpg


新緑の季節も終わり、梅雨空が続く毎日です。
今年もあっという間に半分が過ぎてしまいました。
 『枕草子』の、「ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟 人の齢 春 夏 秋冬」 を実感します。

最近の症例からいくつかご紹介します。
それぞれ現代医学での対応が難しい症例ですが、サイマティクスが短期間に効果を発揮できたものです。
このような改善を見ると、サイマティクスの力を再認識します。

(症例1)67歳 女性
脊椎カリエスで胸椎が化膿していたため膿を除去し、左肋骨3本を切除、胸椎7・8番に腸骨を移植する8時間の手術を行っている。
右腎臓は萎縮していてほとんど機能しておらず、機能の衰えた左腎臓に頼っている。
4年前から間質性膀胱炎のため、人工膀胱を使用している。
術後2年間のリハビリで、やっと自立歩行できるようになったが、背中の痛みと両脚のシビレ、さらに両脚のつま先が上に反り返った状態にあるため杖無しでは歩けない。

サイマティクスで腎臓の活性化、血流・リンパの流れの改善、脊髄液の流れの改善、両脚のシビレの改善他を行った結果、1回の施療で痛み、シビレが軽くなり、杖無しの歩行ができるようになった。遠方から施療に来るのが大変なため、今後は家庭用サイマティクス機器で施療することとなった。

(症例2)42歳 女性
昨年車の追突事故に遭ってから、左肘と左膝の内側が痛む他、肩凝りと腰痛に悩まされていた。
頸椎や脊椎、腰椎のズレを元に戻し、神経圧迫を取る音等を使用、一回目の施療で痛みのある左肘と左膝及び左半身全体が嘘のように軽くなったと言う。
今回の症例で注目すべき点はメンタルの改善だった。
交通事故など大きいな衝撃を受けた場合は、メンタルショックが残る為、肉体系の音だけでなくメンタル系の音も使用するが、これが想定外の効果を表した。

この方は里子を引き受けているが、子供に対して愛情が不足していることに悩んでいたらしい。しかしサイマティクスのメンタル系の施療を受けた後、子供がかわいいと思うようになり、愛情がどっと湧いてきたとのことだった。
サイマティクスの施療では、このような想定外の作用に驚くことがある。

(症例3)71歳 女性
幼児の頃、ポリオ(小児麻痺)に罹ったため、下肢がまったく動かず、数年前から老人ホームに入り、電動車いすの生活を送っている。

人工膀胱を付けているが便秘がひどく、下剤も効果を発揮しないため、看護師が何時間もかけて指で便を掻きださなければならない状態だった。
家族の方から、サイマティクスで改善しないかとの相談があり、内臓活性、筋肉活性、血流やリンパの流れを良くするCDを作成し、老人ホームの自室で流してもらった。約3週間音を流してもらった結果、胃腸の蠕動運動が活発になり、自力で排便が可能になった。血流やリンパの流れも改善し、免疫力が賦活して徐々に元気になってきている。


日本サイマティクス・セラピー研究会事務局 
TEL 052-618-8255  
mail: horiuchi@cyma.co.
jp





むちうち症とサイマティクス」

むちうち症の後遺症で苦しんでいる人が沢山います。
交通事故の直後は異常を感じなくても、半年、一年経ってから首や肩、腰の痛み、手足のシビレなどを発症することがよくあります。また、若い時は筋肉があるので、頸椎や腰椎の多少のズレは筋肉でカバーできますが、年をとって筋肉が衰えると、骨のズレによる神経圧迫で、痛みやシビレなど様々な症状が出てきます。

むちうち症に対するサイマティクス症例はたくさんありますが、最近の症例をご紹介します。

42歳 女性
昨年車を運転中に追突事故に遭ってから、左肘と左膝の内側が痛む他、肩凝りと腰痛に悩まされていました。
頸椎や脊椎、腰椎のズレを元に戻し、神経圧迫を取る音等を使いましたが、一回目の施療で痛みのある左肘と左膝及び左半身全体が嘘のように軽くなったと言うことです。

今回の症例で注目すべき点は、メンタルの改善です。
交通事故など大きいな衝撃を受けた場合は、メンタルショックが残る為、肉体系の音だけでなくメンタル系の音も使用しますが、これが予想外の効果を発揮しました。

この方は里子を育てておられるのですが、子供に対して愛情が不足していると悩んでおられたようです。しかしサイマティクスのメンタル系の施療を受けた後、子供がかわいいと思うようになり、愛情がどっと湧いてきたとのことです。
サイマティクスの施療では、このような予想外の作用に驚くことがあります。

「高齢者の便秘」
71歳の女性、幼児の頃、ポリオ(小児麻痺)に罹ったため、下肢がまったく動かず、数年前から老人ホームに入り、電動車いすの生活を送っておられます。
人工膀胱を付けていますが、便秘がひどく、看護師の方が何時間もかけて、指で便を掻きださなければならない状態でした。
家族の方から、サイマティクスで改善しないかとの相談があり、内臓活性、筋肉活性、血流やリンパの流れを良くするCDを作成し、老人ホームの自室で流してもらうことにしました。約3週間音を流してもらった結果、胃腸の蠕動運動が活発になり、自力で排便が可能になりました。血流やリンパの流れも改善し、免疫力が賦活して徐々に元気になってきているということです。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »